長崎の火災鑑定会社 長崎火災鑑定工業有限会社
長崎火災鑑定工業有限会社プライバシーポリシー会社案内

トップページ

業務案内

鑑定人とは

邯鄲の夢

会社案内

個人情報取り扱い

お問い合わせはこちら
会社案内

  保険金申請業者と契約者との現地でのやり取り
保険金請求申請サポート業者と契約者との現地でのやり取り

長崎県の雪災の被害と言って、2年前の事故日での請求が後を絶たない。
はっきり言って、当該建物に被害が見当たらない。
『』が相手側の発言

@『保険会社が保険金を払わない様にお前ら鑑定人がいるんだろう』
 →そう思うなら、そもそも保険に入らなければよろしいかと。

A『お前ら鑑定人は保険会社から金貰って仕事しているだろう。』
 →そう言うあなたは被保険者に支払われる保険金の50%近くも
  搾取するでしょう。
B『保険料だけ払って保険金を貰えないのは可哀想ではないのか?』
 →適切な事故報告と適正な保険金をお支払いするのが損害保険です。
  そもそも、なぜ、赤の他人のあなたが、契約者の為に事故をでっち  上げて保険金をとろうとするのですか?
  きっと慈善事業ではないでしょう。
C『日本の復興の為に不払い保険会社と戦うのが俺の仕事だ。』
  →日本の復興と保険金請求は別の話ですよ。
   弊社は東日本大震災等の被災地に行ったことあるけど
   そういうあなたは被災地に行ったことありますか?

D『行ったこと無いが保険会社の不払問題と正義の為に戦っている。』
  →そう思うなら、選挙に立候補して、財務大臣になって、
   財務省から保険会社に指導をして下さい。少なくとも
   本件は不払いなんかじゃありませんよ。
   だって、損害が無いじゃないですか。
   軒樋の受け金具は曲がって無いし、樋の脱落も無いし、
   経年劣化で軒樋が畝っただけですよ。

 全くを以って、言動がおかしい。
そもそも、建物に雪災の被害があるなら、保険契約者もしくは被保険者が直接、保険会社に事故報告すれば済むことである。

E『俺は、保険金申請サポートの業務に誇りを持って仕事をしている。
  そして、それが保険加入者の当然の権利と信じている。
  鑑定人がなんと言おうとそう思っている。』
  →あなたが間違った考えを信じて、発言なさるのは個人の自由
   ですが、それを強要することはやめるべきでしょう。

F『鑑定人が、100万円認定してくれれば、客に50万円,
  俺に50万円入って来る』
 →その100万円が正しければ、被保険者に100万円払って、
   それで終わりでしょう。なんであなたの会社が半額も
   持っていくのですか?
   ところであなたのところで、修理するのですか?

G『俺たちは他県から復興の為に来ているだけで、修理なんかしない。
  保険金を保険会社から取ってやることが業務である。
  ちゃんと会社がそういう資格を取得している』
  →あなたの方こそ、あなたの会社に洗脳されてはいませんか?
  どんな資格ですか?それを提示できるような証拠はありますか?
   保険金請求申請代行なんて資格はありませんよ。
   言っても無駄かも知れませんが、目を覚まして下さい。
   明らかに保険金の不正請求ですよ。

H『俺は修理もしないし、このままでいい。保険金だけもらう。』
 と被保険者が言い出した。

 何だ。金が欲しいだけで、軒樋の交換はしないのかと理解できる。

現地でこんな会話をするが、この様な保険金不正請求の修理もしない業者がたくさんいる。
 しかも、長崎県外から来るから困ったものである。

 詐欺罪が成立すれば、この業者は姿を消し、被保険者だけが罪に問われるのに、特定業者に洗脳された被保険者が後を絶たない。

 現実に損害が発生して、支払い対象になったとしても、保険金の50%を申請業者に払ったら、修理は出来ない。

 この様な事案は普通によくあるが最終的に泣くのは被保険者である。

 保険金の適正払いが原則で仕事をしている我々はこの様な事案で多忙になってしまう。
 そして、この様な不正請求の関係者は金を取る為にしつこくて、
保険会社の本店へのクレームを入れたりする。
 答えは何も変わらないのに、、、、

 本来、被災して、保険金のてん補をすべき人々への対応がおろそかになっては元も子もない。

 蛇足ながら、コラムにつき、丁寧な言葉で記載しているが、特定業者は
現地で結構しつこく、そして怒鳴ったり、脅したり、複数の男性陣で小生を囲んで威圧してくる。

もちろん、すべての発言をボイスレコーダーで録音しており、怖いものは無いが嫌な事案の一つである。

平成30年11月29日


長崎火災鑑定工業有限会社
〒850-0003 長崎県長崎市片淵5丁目11番1号光コーポ105号