長崎の火災鑑定会社 長崎火災鑑定工業有限会社
長崎火災鑑定工業有限会社プライバシーポリシー会社案内

トップページ

業務案内

鑑定人とは

邯鄲の夢

会社案内

個人情報取り扱い

お問い合わせはこちら
会社案内

  広域災害発生時の一般事案の弊社への依頼
広域災害発生時の一般事案の弊社への依頼 

面白ネタであるが、
同業者しか理解できない漫才風のやりとり

「なんとかお願いします。鑑定事務所にあちこち断られて、
お宅で5社目です。」
…なんて失礼な方であろうか?
俺んとこは5番目の位置にあると告白して下さっている。

ある意味正直な女性担当者であるが、この人は多分、肥った人に対して
ボリュームのある人ですねなんて言わず、デブですねという人であろう。

『あのう、失礼ですが、大手の鑑定事務所に断られてうちですか?
今、台風〇〇号の立会で多忙で、弊社みたいに小さい会社は余計無理ですよ。』

「そこを何とかお願いします。」

『ちなみにどこの現場ですか?』
…この一言が命取りとなった。

 弊社は九州の西側の長崎県である。
「え〜っと、宮崎県の都城市というところですよ。」She said.

『無理無理、長崎県から高速道路使っても現地まで片道5時間ですよ。
ましてや本日は台風△△号が接近してて、移動は強風で危険ですよ。』

…もちろん、現場の鑑定人が移動中に大けがしようと事故を起こそうと
自己責任であり、依頼した保険会社は関係ないから、無理やり現場に
行かされる。

 その事案で結局現地に向かったが、強風で高速道路を走れず、下道で現地へ10時間掛けて到着し、漏水事故でわずか20万円程の事故であった。

 大至急来いと保険会社に熱弁をふるった、うるさい契約者であったが、そのくらいの損害で台風の強風の中、大至急対応を強いるのはどうかなと思った。

※何社も断られた立会依頼を引き受けてはいけない。
 責任だけがこちらに来る。

 担当者が感謝の言葉を述べるのはその瞬間だけであり、事案を解決して終了させても感謝されることは無い。

令和1年12月23日


長崎火災鑑定工業有限会社
〒850-0003 長崎県長崎市片淵5丁目11番1号光コーポ105号